観光

【秘境】●分に1回?白雪姫の歌声がきける?願いの井戸とは【TDL】

しらゆきひめの井戸10はははははー♩

はじめに

みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。

1937年に公開された世界初の長編カラーアニメーションの白雪姫。

ディズニーランドには「白雪姫と七人のこびと」というアトラクションがファンタジーランドにありますが、白雪姫の作品に登場する井戸もディズニーランドにあります!!

今回はその白雪姫の井戸についてお伝えしたいと思います。

白雪姫の願いの井戸について

説明

映画「白雪姫」では、白雪姫が井戸に水を汲みにきて「アイム・ウィッシング・ワン・ソング」をを歌います。そこで白雪姫はその井戸に集まってきた鳩に「この井戸はね、望み叶える井戸、願いを言えば、たちまちすぐ、こだまが答えて願いが叶う」と言っています。そして、その歌声につられてやってきた王子と出会います。

とっても夢のあるシーンですね。

白雪姫の井戸がディズニーランドに存在します!

ほほほほほ〜

場所

しらゆきひめの井戸11場所はここでーす!

 

公式HP

ディズニーランドのシンデレラ城からウエスタンランドに向かう道の近くにあります。

白雪姫の井戸1サインはこれ!

 

Snow White Grotto』という看板が目印です。

白雪姫の井戸2This is the Well.

 

道を進んでいくと井戸があります。

こちらが井戸の写真です。

この井戸から分間隔白雪姫のうた♫が聞こえます。

耳を澄ませて聴いてみてください。

井戸の柱にフクロウがいたり、「Snow White Wishing Well」と書かれた看板の上にリスがいたり・・・。

周りには木々が生い茂っていて、森の中の白雪姫の世界観を感じることもできますよ。

「Wishing Well(願いの井戸)」と書かれているように、

ここでお祈りすれば、願いが叶うかもしれませんね♡

白雪姫の井戸3中はこんな感じ!

 

井戸の中はたくさんお金が入っていました(ほほほほほ〜♩)

白雪姫の井戸4白で統一されています。

 

白雪姫の井戸の前には白雪姫と7人のこびとがいます。

他にもリスや鹿などの動物たちもいますよ♩

白雪姫と7人のこびとが一緒に滝に遊びにきたのでしょうか?

ウエスタンランドにも近いですが、ここにくると少し静かな雰囲気を味わえます。

滝の水の音がウエスタンランドの陽気な雰囲気を隠し、

井戸から聞こえてくる白雪姫の声を引き立たせているように感じます。

まさにディズニーマジックです!


7人のこびとの像について

白雪姫の井戸5ちゃんとドーピーもいるよ!

 

白雪姫の真下の段の右から「ドック:DOC(先生)」「スニージー:SNEEZY(くしゃみ)」「グランピー:GRUMPY(おこりんぼ)」

その下の段の右から「バッシュフル:BASHFUL(てれすけ)」「スリーピー:SLEEPY(ねぼすけ)」「ハッピー:HAPPY(ごきげん)」

丸太の下、左の方に「ドーピー:DOPEY (おとぼけ)」がいます。

白雪姫の井戸6かわいい!

 

こちらはバッシュフルです!愛らしい表情♡

一人ひとり違う表情をしているので、ぜひ、チェックしてみてください。

白雪姫の井戸7白雪姫ー!

 

もしかすると、この井戸のところに白雪姫が遊びにくるかもしれないですね。

 

さいごに

今回はディズニーランドにある白雪姫の井戸についてお伝えいたしました。

井戸のところはそれほど人はいませんでした。

写真スポットとして利用するのもいいと思います。

夜はライトアップもされていてもっと幻想的になっているので、夜に行くのもおすすめです。

白雪姫の世界観をぜひ体感してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おまけ

白雪姫の井戸8おいでトゥーンタウン!

 

トゥーンタウンの「ミニーの家」にも「ミニーの願いの井戸」があります。

ミニーからの素敵なメッセージも聞けるかもしれません。

白雪姫の井戸と同じく、探すのも楽しいですよ!

【実体験】ついに再開!コロナ対策バッチリ?ディズニーランドへ行ってきた【リポート】 はじめに みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。 2020年7月1日から再開した東京ディズニーリゾート! 先...
【マル秘】未知の体験ができるソアリンの感想:スタンバイで待ちました【待ち時間:隠れミッキー?】 はじめに みなさん、こんにちは、こんばんは。しもやんです。 2019.7.23ついに待ちに待った東京ディズニーシーの新アトラ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください