【福井】のどかな福井空港4つの魅力 空港から電車?昔は羽田直通?【空港】

【福井】のどかな福井空港4つの魅力 空港から電車?昔は羽田直通?【空港】
LINEで送る
Pocket

はじめに

みなさん、こんにちは、こんばんは。しもやんです。

突然質問です。みなさん、例えば東京から福井にはどうやっていきますか?現在(2019.9)は北陸新幹線の工事真っ只中なので電車で行くには

1 東京→米原(滋賀)→福井

2 東京→金沢→福井

の2択だと思います。

そのほか、車だとおおよそ東京から金沢経由、名古屋経由ともに7時間ほどかかるかと思います。

しかし、もう一つの選択肢があります。それはタイトルとおり飛行機を利用することです。といったものの福井には普通の空港(定期便)がありません。昔は羽田直通便があったそうです。飛行機を利用する場合は石川県の小松空港経由で福井に遊びに来てくださいね(笑)

福井には普通の空港はありませんが、空港はあります。

さてさて、本日はそんな福井空港の魅力に迫っていきます。お目通しお願いいたします。

福井空港とは グライダー

定期便の発着は1976年以降ないが、自家用プロペラ機、グライダーなどの発着が行われている。

グライダースポーツが盛んに行なわれており、多くの大学の航空部がここで訓練を行なっている。国内で数少ない航空機曳航(グライダーを他の航空機で曳航して離陸させる方法)での訓練が行なえることがグライダー愛好家が多く利用することでも知られている。同立戦のグライダー競技会[1]は毎年ここで行なわれている(例外あり)。

福井県警察のヘリコプター「くずりゅう」(ユーロコプターEC135 T2i)、福井県防災航空隊の消防防災ヘリコプター「Blue Arrow」(ブルーアロー、川崎重工業BK117)[2]の基地にもなっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/福井空港

定期便はないですが、航空部の訓練やグライダー愛好家の利用が多いことが書かれていますね。ここが普通の空港ではないポイントです!

歴史 昔は羽田直通?

1964年に工事が開始され、1966年開港した。全日本空輸がフォッカー F27を投入(1972年4月1日からはYS-11)し、東京国際空港(羽田)線を1日1 – 2便就航させた。

しかし1973年に近隣の小松空港がジェット化された影響で乗客数が減少[3]、滑走路が短く機体を大型化できない福井空港の発着便は採算が悪化し1974年12月1日からは名古屋乗継となり、1976年4月に定期航路が廃止された[3][4]

これに対し、1985年、福井県が滑走路の延長を2,000 mに拡張する計画を決定した[4]。調査が行われるものの、地元住民からの強硬な反対運動に遭う[4]。1986年の第5次空港整備5箇年計画に福井空港が組み入れられ、滑走路延長へ向けた動きもあったが依然住民の反対は根強く、具体的な取り組みができないまま計画は事実上放置された。一方で小松空港へは空港連絡バスの整備が行われ、アクセス改善が進んだ。

2000年、公共事業の抜本的見直しに関する三党合意による公共事業の見直しで、福井空港拡張整備計画は地元住民の意見が醸成されていないとの理由で唯一「保留」扱いとされた。翌2001年には全国的な公共事業の見直しの気運もあり、当時福井県知事の栗田幸雄が福井空港拡張整備計画の凍結を表明した[4]。事実上、ジェット化の構想は白紙となった。2003年6月27日、県議会で福井県知事の西川一誠が福井空港拡張整備計画の断念を表明した。「北陸新幹線・小松空港重視」に政策を転換し、現滑走路の利用を軸に有効活用を模索することになった。

2006年9月30日、国土交通省大阪航空局福井空港出張所と気象庁東京航空地方気象台福井空港出張所が閉鎖[5]。同年10月、空港管制業務が中部国際空港(中部FSC)からの遠隔管制(RAG)に移行した(リモート空港)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/福井空港

昔(1974)までは羽田–福井直通便があったそうですね。しかし、小松空港のジェット化の影響で次第に利用客が少なくなり、定期便が廃止となりました。その後も滑走路の延長計画・整備計画等ありましたが結局は頓挫してしまいました。

アクセス

JR春江駅から車で5分くらいです。

JR福井駅からは車で30分ほどかかります。

個人の飛行機で来ることもできそうです(笑)

駐車所は無料でした。

実際に行ってみました 2019.9.15

百聞は一見に如かず。色々調べてみると魅力たっぷりの福井空港に行ってみました!

福井空港正面
↑正面入り口。コンクリートの色合いが建物の歴史を感じさせてくれます。
入り口看板
↑入り口の看板です。
自販機
↑飲食店は無いですが、自販機がありました。ゴミの分別もきちんとされていて清潔感があります。
ガラスケース
↑ガラスケースに入っているものは?
模型1
↑飛行機の模型でした!かっこいい!
模型2
↑おしゃれです。
東尋坊
↑福井の観光名所の航空写真が飾られています。これは東尋坊です。クリックしてみてください。
グライダー
↑手押しのグライダーが3機ほどありました。
グライダー2
↑2機のグライダーが飛び立つ瞬間です。2機はワイヤーでつながれていました。
のどかな景色
↑のどかな景色が心を癒してくれます。奥にはJRの線路もあり、飛行機と電車を一緒に見ることができます。
休憩スペース
↑2階の展望所の休憩スペース。自販機で買ったジュースでもゆっくり飲んで行ってください。

滑走路

滑走路計測
↑滑走路を計測してみました。

先ほど歴史の項目で話題に上がった滑走路をGoogleで計測してみました。1300mです(正式には1200m)。

ちなみに小松空港は2700mです。1500mほど福井空港の滑走路が短いですね。

福井空港の4つの魅力

私が実際に福井空港に行って魅力と感じたところをまとめてみました。

1 定期便がない グライダーの訓練

これは福井空港の大きな特徴です。定期便がなくても、その分訓練や趣味に使えることは大きな魅力だと感じます。

2 のどかな雰囲気が心を癒してくれる

晴れた日の午後の展望室の雰囲気は最高です。ぜひぜひお子さんを連れてまったりとした時間を過ごしてください。

3 飛行機の模型

入り口に飾ってある模型は男心をくすぐること間違いありません。これも大きな魅力です。

4 電車と飛行機を同時に見ることができる

滑走路に沿ってJRの線路があり、電車と飛行機を同時に見ることができます。お子様におすすめです。

おわりに

本日は福井空港についてまとめてみました。福井空港は本当にいいところです。頭がもやもやした時に、ふらりと立ち寄って自販機でコーヒーを一本買ってぼんやりと展望室から滑走路を眺めると頭のもやもやが飛行機と一緒に飛び立ちます。

ぜひ一度立ち寄ってくださいね!駐車場は無料ですよ。

福井の観光名所?海辺のスタバ?絶景!東尋坊!

福井県HP

 

 

観光カテゴリの最新記事