ホンダ・シャトルハイブリッド 自動車のドライブレコーダーの取り付け・配線方法

ホンダ・シャトルハイブリッド 自動車のドライブレコーダーの取り付け・配線方法
LINEで送る
Pocket

はじめに

みなさん、こんにちは、こんばんは。しもやんです。

みなさんは自分の車にドライブレコーダーを取り付けていますか。最近、ニュース等を見ていると「事故の瞬間を捉えた!」的な映像にドライブレコーダーで撮影した動画が流れていることが多いですよね。

私は万が一の事故の際の重要な証拠動画の録画、そして自分の安全運転を律するためにドライブレコーダーを取り付けています。

ところで皆さん、ドライブレコーダーを取り付けると言ってもどうやって取り付けていますか。というのも本体を取り付けるのはいいですが、配線って意外と悩みませんか。

例えばフロントガラスにドライブレコーダーを取り付けたとします。だけどもシガーソケットまでフロントガラスを迂回して配線したとしても、コードが視界に入ってしまい何となく気になります。

また、コードを迂回させる際に粘着テープ等使うと、テープ跡が気になったりします。

今回は上記の悩みを解決するために私が実施している、ドライブレコーダーの配線方法をご紹介いたします。

なお、私が乗っている車はホンダ・シャトルハイブリッドです。

配線方法

取り付け場所

まず、ドライブレコーダーの取り付けている場所から。私はフロントガラスのバックミラー裏に取り付けています。

↑ドライブレコーダー取り付け画像

シガーソケットの場所

シャトルハイブリッドは運転席と助手席の間にあります。

↑シガーソケットの場所。助手席側から撮影しました。

配線

では、ドライブレコーダーからシガーソケットまで配線を追っていきます。

↑運転席側からドライブレコーダーを撮影。コードはバックミラーが取り付けてある場所に這わせます。

↑フロントガラス中心部真下から撮影。上記のようにコードを隙間に這わせました。

↑フロントガラスと天井カバーの間に助手席側へコードを入れていきます。

↑フロントガラス上部・助手席側の端までコードを這わせたら、助手席ドアへ向かって天井カバーと樹脂部分の境目に沿って這わせます。画像の中央部分です。

↑ダッシュボードへ向かって助手席ドアのパッキン内に格納しながら配線していきます。

↑続いてダッシュボード内へコードを這わせます。

↑ダッシュボード内上側にコードを這わせるのに程よいスペースがあります。シガーソケットへ向かって配線します。

↑ダッシュボードの車中央部側です。ここからシガーソケットへ向かいます。

↑シガーソケットへ接続します。ダッシュボードを閉めたとしても隙間があるためコードが切れることはありません。

以上です。

終わりに

やはり配線は悩みますよね。私はあれこれ試してやっと上記の取り付け方法に落ち着きました。みなさんの参考になれば幸いです。

今回は以上です。

いつもお目通しありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

 

生活カテゴリの最新記事