映画

【ディズニー】映画「イントゥ・ザ・ウッズ」の感想、4つのみどころ:「シンデレラ・赤ずきん・ラプンツェル・ジャックと豆の木」が登場!

イントゥ・ザ・ウッズ
ミュージカルは終わらない

はじめに

みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。
みなさんはディズニーの物語を1つでも観たことはありますか。
ディズニーの映画は音楽と登場人物たちや動物たちが織りなす独特の世界観があり、世界中の人々を魅了しています。

もし、1つの物語だけでなく、いろんな物語がつながっている物語があったら面白そうって思ったことはありませんか。

そんないろんな物語がつながった映画がディズニー映画の中にあるんです!
ラプンツェルやシンデレラ、ジャックと豆の木、赤ずきんの4つの物語がつながっています。
有名なキャスト勢ぞろいのみどころ満載のミュージカル映画です。
今回は「イントゥ・ザ・ウッズ」の世界と感想を紹介します!

このページで伝えたいこと

①映画「イントゥ・ザ・ウッズ」の4つのみどころ
②映画「イントゥ・ザ・ウッズ」の内容、考察

イントゥ・ザ・ウッズ:ストーリー・鍵は6つの豆!?

本作はアメリカで2014年に公開、日本では2015年に公開された映画です。

本編は125分あります。DVDとBDあります!

【ストーリー】あらすじまとめ

パン屋の夫妻は長い間、こどもを授からずにいた。パン屋の夫妻のもとに魔女がやってくる。パン屋の夫妻はこどもを授からないのは魔女が呪いをかけたことからだと魔女から告げられる。

魔女はパン屋の夫の父が魔女の家の野菜を盗んだ罰として、その息子にこどもができない呪いをかけたという。

魔女の呪いを解くためには、青い月がのぼる3日目の真夜中までに、ミルクのように白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金色の靴を手に入れなければいけない。魔女の呪いを解くため、パン屋の夫妻は森へ向かった。

シンデレラは舞踏会へ行けるようにお願いをするため、森にある実母のお墓へ向かった。ジャックは白い牡牛を町へ売りに行くために森へ、赤ずきんは祖母の家へ行くために森へ向かった。その森には外に出ることを夢見るラプンツェルが塔の中に閉じ込められている。

それぞれの願いを叶えるため森の中に集合する登場人物たち!のちにパン屋の夫妻は森の中でシンデレラ、ジャック、赤ずきん、ラプンツェルと出会うことになる。

果たして、魔女の呪いを解くことはでき、それぞれの願いを叶えられるのだろうか。

この物語の鍵になるのは、魔女の豆。

イントゥ・ザ・ウッズ:登場人物・個性の塊?

イントゥ・ザ・ウッズ1登場人物

映画.com

パン屋の夫妻:夫ジェームス・コーデン/妻エミリー・ブラント

ディズニー公式

パン屋の夫妻

村でパン屋を営み、30代半ばの夫婦。裕福な様子はなく、平民。本作の主人公。

長い間こどもを授かれずにいた。2人でこどもを授かることを夢見ている。

パン屋の主人は少し臆病で、誠実。やらなければいけないという忠誠心はあるが、自分で物事を決めるタイプではない。妻のいうとおりという感じ。妻のことを大切に思っている。

妻は優しく、主人のことを大切に思っていていつも主人を支えている。
困難に自分から立ち向かっていくタイプ。

2人と個性豊かな登場人物たちはどのように関わっていくのでしょうか。

なんと2人の名前は明かされていません!

シンデレラ:アナ・ケンドリック

ディズニー公式

シンデレラ

ディズニーアニメ映画「シンデレラ」の主人公と似ている。

両親は他界。意地悪な継母・義理姉と暮らし、召使いのような扱いをうけている。みすぼらしい格好ではあるが貴族出身と思われる。

貴族が招待された舞踏会に行くことを夢見ている。

シンデレラは自分の仕事をしっかりやり通している。継母や義理姉たちからひどい扱いを受けても、嫌味もいわずにやり抜いている。強い意志をもっていて、いつか幸せが訪れることを願っている。頭が良く、どうしたらうまくいくのかいつも考え、行動をしている。動物に優しい。

ジャック:ダニエル・ハットルストーン

ディズニー公式

ジャック

童話「ジャックと豆の木」の主人公ジャックが基。

ジャックは貧しい家に母と2人で暮らす平民。いつか牡牛がミルクを出してくれることを夢見ている10歳前後ののんきな少年である。

母のことを大切に思っていて優しく、いたずら好きでおちゃめな性格。牡牛とはともだちのような関係でいつも大切にしている。

なんでも怖がらずに自分から挑戦している。

赤ずきん:リラ・クロフォード

ディズニー公式

赤ずきん

童話「赤ずきん」の主人公で、赤いフードを着た10歳前後の少女、平民。

お腹をすかせた祖母にパンを届けたいと願っている優しい少女である。

本作では食いしん坊。

母や祖母に言われた「寄り道をしない、知らない人には近づかないこと」を守っている。

少しダークな部分ももっており、ナイフを持っていたり、怖い言葉を使ったりすることもある。

ラプンツェル:マッケンジー・マウジー

ディズニー公式

ラプンツェル

ディズニーアニメ映画でいうと、「塔の上のラプンツェル」に登場したラプンツェル、平民?

アニメの中では彼女はプリンセスで、親は王国を納めていたが、「イントゥ・ザ・ウッズ」の世界では親は以前のパン屋の夫妻、つまり現パン屋の夫の父である。

アニメの世界と同様、塔の中に閉じ込められていて一度も出たことのない外の世界に出ることを夢見てうたっている。

アニメと同様、長い髪の毛を持っているが、傷を癒す力はあるのか、ないのか・・・。

また、髪の毛を切ると、傷を治す力は消えるのか、消えないのか・・・。

アニメでは最後、ラプンツェルが流す涙でも傷は治っていたが・・果たして・・・。

魔女:メリル・ストリープ

ディズニー公式

魔女

ディズニーアニメ映画でいうと、「塔の上のラプンツェル」のゴーテル。

以前のパン屋の店の夫妻から子を奪い、ラプンツェルとして育て、一緒に暮らしている。

容姿は老婆で自分の醜い姿を恥じている。
老婆のような姿になったのかは本作では母の呪いのようだ。
自分の力では呪いを解くことはできないようだ。
アニメとは違い、ラプンツェルの髪の力で美しい力を手に入れているような様子はない。

イントゥ・ザ・ウッズ:4つのみどころ

みどころ①複数の物語が合体している?(ネタバレあり)

イントゥ・ザ・ウッズでは過去に上映されたディズニー作品(シンデレラ・ラプンツェル)と童話(赤ずきん・ジャックと豆の木)の登場人物たちを1つのスクリーンで共演させた作品です。

①塔の上のラプンツェル

1つめの物語はプリンセスの中で人気の高いラプンツェルが登場する物語です。

ディズニーアニメ映画「塔の上のラプンツェル」の設定を取り入れています。
ですが、異なる点もいくつかありました。

本作では、フリン・ライダーやパスカル、山賊などは登場していませんでした。フリン・ライダーではなく、王子がラプンツェルを助けにきていました。また、アニメではラプンツェルは戦う勇気のある女性でしたが、戦いません。もちろんラプンツェルの戦う必須アイテム「フライパン」も登場していません。

アニメではラプンツェルがもともと王族の家系だったのに、今回は恋をする相手が王族と異なっています。

本作の魔女自らラプンツェルの髪の毛を切っている!?映画を見てしっかり驚いてください。

②シンデレラ

もう一つの物語は「シンデレラ」。ディズニーアニメ映画では「シンデレラ」のストーリーと似ていて、主人公のシンデレラもアニメと同じような物語です。本作とのつながりはパラレルワールドの位置付けです。

登場人物についてはフェアリーゴッド・マザーは登場しません。他にもネズミのおともだちやブルーノ、ルシファーなどは登場せず、かぼちゃの馬車も登場しませんが、鳥とはおともだちのようです。

そのかわり、お墓でシンデレラがお願いするとシンデレラの母が現れシンデレラの「舞踏会へ行きたい」という夢を叶えています。(ラプンツェルの王子とは違う)王子も登場します。この王子はシンデレラと恋に落ちますが、実は裏切ります。彼の思惑とは一体・・・。

シンデレラの衣装もブルーではなく、金色のドレスで衣装は消えずに残っています。靴もガラスの靴ではなく、金色の靴です。また、本作では3日間舞踏会が開催され、シンデレラは3日間とも参加しています。アニメでは魔法は1日だけの出来事だったのに、3日間とも舞踏会へ参加している本作のシンデレラ。しかもアニメでは最後までプリンセスだったシンデレラですが、結末は・・・。

どうなるかは観てのお楽しみ。

【ディズニー】元気・勇気がでるシンデレラ名言ベスト3【映画・アニメ】 はじめに みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。 今回は実写版ではなく、アニメ版を観てみました。 ...

③ジャックと豆の木

3つめの物語は「ジャックと豆の木」です。ミッキーのお話「ミッキーと豆の木」にもあったように豆の木にのぼり、巨人を退治するお話です。「ミッキーと豆の木」というお話は「ファン・アンド・ファンシー・フリー」という作品に入っています。

「ジャックと豆の木」と言う童話では、ジャックは牛を売った商人から豆を手に入れて、母に言われた通り、仕方なく、豆の木に登っていました。本作のジャックはともだちの牡牛を助けるために豆の木に登り、お金や金の卵を手に入れています。

最後まで活躍するジャックの勇気ある行動に必見です!

また、本作では2人の巨人が登場しています。原作にはでてこないもう1人の巨人はどう登場しているのでしょうか?

④赤ずきん

童話「赤ずきん」の物語は赤ずきんが森にあるおばあちゃんの家へ行きます。その途中で、狼に出会います。

狼は赤ずきんを誘惑し、お花摘みに夢中な赤ずきんの目を盗み、赤ずきんのおばあちゃんの家へ先回りをしてます。そしておばあちゃんを食べ、その後家を訪ねてきた赤ずきんを食べます。
そこに狩人が登場し、狼のお腹から赤ずきんとおばあちゃんを助けてハッピーエンド!
本作では狩人の役目をパン屋の主人が担っています。

本作で登場する赤ずきんは強すぎます。
強すぎる赤ずきんをぜひ、映画で。

ポイント②演じているキャスト

イントゥ・ザ・ウッズ2メリー・ポピンズ・リターンズにも出演!

シネマ・トゥデイ

ディズニー映画にゆかりのある人物が多数出演しています。

パン屋の夫妻の妻役にエミリー・ブラント。

赤ずきんを狙う狼役にジョニーデップ。

魔女役にメリル・ストリープ。

他にもリラ・クロフォードやアナ・ケンドリック、ダニエル・ハトルストーンなどが出演しています。

エミリー・ブラントとメリル・ストリープは「メリー・ポピンズ・リターンズ」にも出演していますので、そちらの作品でご存知の方も多いのではないでしょうか?

【ディズニー】メリーポピンズリターンズの感想。3つの見どころ【映画】 はじめに みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。 今回はメリーポピンズリターンズを観たので、感想を...

ポイント③心情をつづった曲

夢見ている主人公たち。決めなければいけないという時に心情を歌で表現しています。

今、どのような気持ちなのか、歌から読み取ることもできます。

キャストの素晴らしい歌声は必見です!

ポイント④実は森を再現したスタジオ!?

イントゥ・ザ・ウッズ3森の風景

ディズニー公式

特典映像では、「イントゥ・ザ・ウッズ」の背景も知ることができます。

実際にある森ではなく、森を作って実際の森を再現しているそうです。

森の不気味な様子を枝や根っこなどで表現していると知り、とても驚きました。

ぜひ、映画で確認してみてください。

イントゥ・ザ・ウッズ:吹き替え版がない?

「イントゥ・ザ・ウッズ」は調べたところによると、英語版のみで日本語の吹き替えはないそうです。その理由はミュージカル映画であることだそうです。「なんだ、日本語版はないのか」と思った方、よく言えば、演じている俳優の生声を聴けるということですよ。

登場人物の歌の掛け合いが揃っていて、とても素敵なミュージカル映画です。

イントゥ・ザ・ウッズ:考察:「ジャックと豆の木」を採用した理由とは?

ディズニー公式

「ジャックと豆の木」以外は全て「グリム童話」しかし、唯一「ジャックと豆の木」のお話は「イギリス童話」ということで、どうしてこの作品に登場させたのでしょうか?

そこには、イギリスの階級制度が関係しているように思います。本作では、平民と貴族が登場し、身分の区別がわかるようになっていました。

“The Upper Class”  上層階級

この階級の人々は社会の中では最も豊かで強い権力を持っていました。彼らは土地を所有し、代々称号を受け継ぐ貴族であり上層階級の男性が政治家になることは非常に一般的なことでした。

“The Middle Class”  中流階級

この階級の人々は医師、エンジニア、会計士のような専門職に就き、良い教育を受けていました。彼らの大半が土地の所有者や称号を持つ人々ではありませんでしたが、世の中の人達に比べて快適な生活を送っていました。中流階級の家庭ではほとんどの子供が私立学校に通っています。

“The Working Class”  労働者階級

19世紀後半、イギリスの大半の人々は労働者階級でした。彼らは肉体労働に励み、多くの人が工場や造船所のような場所で働いていました。そして教育はほとんど受けておらず経済的には貧しい階級だったため、大半の人が厳しい生活を送っていました。

“The Underclass”  下層階級

下層階級は社会の中で最も低い階級でした。下層階級は失業者や通常の教育を受けていない非常に貧しい人々で、ほとんどが文盲でした。彼らの多くはホームレス、または貧困者収容施設で生活をしていました。

EIKOKU GO

本作でみるかぎりで上層階級は、「王子」と「シンデレラの家族」

労働者階級は「パン屋の夫妻」、

下層階級「赤ずきん」「ジャック」という区分に分けられると思います。

「ラプンツェル」「魔女」は平民のようですが、少し区別しにくいです。

赤ずきんには母親、祖母がいますが、本作には祖母が少ししか登場していません。お腹をすかせてパンを頬張っている赤ずきんをみると、貧しく、食べ物も十分にあたっていないというようなことが読み取れます。

しかし、赤ずきんの母親は登場せず、赤ずきんの貧しさはあまり伝わりにくいです。

同時に赤ずきんと似ている年くらいの若者「ジャック」を登場させることによって、家の状況や身分を見ているわたしたちにわかりやすく伝えることができたのではないでしょうか。

映画の中で上層階級の人たちとそれより下の階級の区別は登場人物の風貌や仕草、態度でわかりますので、そこもチェックしながら物語を楽しんでください。

イントゥ・ザ・ウッズ:感想

ディズニー公式

「イントゥ・ザ・ウッズ」という通り、がキーワードになっています。

森はどこをみても同じ風景ばかりでどっちに行けばいいのか迷ってしまうこともあります。私たちも行きていく上で、選択する場面が何どもあると思います。物語の主人公たちはみんな悩んだり、間違えたりしながら前に進み、本当の幸せは何が必要なのかを見つけていきます。登場人物の心情に共感しながら作品を楽しめました。

困難を乗り越え、物語が終わったかと思ったら、また、別の困難が主人公たちにふりかかる、最後まで、目が離せませんでした。

知っているおとぎ話の世界の主人公が1つの物語に集結していて、しかも力を合わせて団結している、今までにない新しい物語でした。また、本作には2人の王子が登場していて、物語としては珍しいと思いました。

展開がテンポよくすすみ、どうなるのかと飽きることなく楽しめる作品です。
少しダークな部分もありましたが、ファンタジーで今までにない新しい映画となっています。

ぜひ、観てみてください。

おまけ:こんなコラボも見てみたい!

イントゥ・ザ・ウッズ美女と野獣のお城。

映画には「グリム童話」の「赤ずきん」「ラプンツェル」「シンデレラ」が登場していました。同じ「グリム童話」の「ヘンゼルとグレーテル」や「白雪姫」の物語が入っていても面白かったのではないでしょうか。

例えば、登場する魔女はヘンゼルとグレーテルの魔女という設定にしたり、7人のこびとがシンデレラの夢を叶えるなど、またさらにこの2つを加えたものをみてみたいものです。

他にも森が登場する作品はあります。例えば、「美女と野獣」であったり、「眠れる森の美女」であったり・・・。ディズニー作品のコラボレーションも実現して欲しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

カテゴリー:映画ではこの他にも様々な作品を紹介しています。是非ご覧ください!


【全記事一覧】サイトマップこのブログのサイトマップです。 全ての記事を一覧にしています。ぜひみてください。 ...
【感想】魔法にかけられてを全力でレビュー【ディズニー映画】 はじめに みなさん、こんにちは、こんばんはNatsuです。 ディズニー映画の実写版と、アニメ版の比較をしてき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください