【福井:敦賀】敦賀氣比神宮に行ってきたので独自の視点で紹介します。【観光:おすすめ】

【福井:敦賀】敦賀氣比神宮に行ってきたので独自の視点で紹介します。【観光:おすすめ】
LINEで送る
Pocket

はじめに

みなさん、こんにちは、こんばんは。しもやんです。

先日(2019.10)、敦賀の赤レンガ倉庫のページでも記載した通り敦賀へ観光に行ってきました。その際に敦賀氣比神宮へ立ち寄ったので私独自の視点で氣比神宮を紹介したいと思います。

詳しい紹介は気比神宮のページ敦賀の観光ページに載っているのでそちらを見ていただければと思います。

氣比神宮とは:概要を簡単に

福井県中央部、敦賀市市街地の北東部に鎮座する。敦賀は天然の良港を有するとともに、北陸道諸国(現在の北陸地方)から畿内への入り口であり、対外的にも朝鮮半島や中国東北部への玄関口にあたる要衝である。神宮はそのような立地であることから、「北陸道総鎮守」と称されて朝廷から特に重視された神社であった。

『古事記』『日本書紀』では早い時期に神宮についての記事が見えるが、特に仲哀天皇(第14代)・神功皇后・応神天皇(第15代)との関連が深く、古代史において重要な役割を担う。また、中世には越前国の一宮に位置づけられており、福井県から遠くは新潟県まで及ぶ諸所に多くの社領を有していた。

社殿はほとんどは第二次世界大戦中の空襲で焼失したため、現在の主要社殿は戦後の再建になる。空襲を免れた大鳥居は「日本三大鳥居」にも数えられる壮麗な朱塗鳥居であり、国の重要文化財に指定されている。また境内社の角鹿(つぬが)神社は「敦賀」の地名発祥地であると伝える。そのほか祭事では多数の特殊神事が現在まで続き、古図、古面等の有形文化財を伝えている。

wikipedia

現在は戦後の再建された建造物になります。しかし、大鳥居は空襲を免れ、国の重要文化財に指定されています。

アクセス

・JR敦賀駅から徒歩20分

・敦賀ICから車で10分

福井から車で向かうなら国道8号線の利用がオススメです。高速道路よりは30分ほど遅くなりますが、高速料金の節約になりますよ。



駐車場

無料の駐車場があります。

地図
駐車場は無料です。氣比神宮より

実際に行ってみたので紹介します。

ではでは、実際に行ってみたので少しばかりですがご紹介いたします。

駐車場入り口
表参道駐車場の入り口です。
正面
大鳥居の正面です。10.93mもあります。どうやって建設したのでしょうか。
狛犬
狛犬がしっかりと氣比神宮を見守っています。心強いですね。
氣比神宮
フムフム。
天気
曇りなのが非常に残念。
旗揚松
旗揚松。大切に育てられています。上に。横に。大きく大きく。
本殿
外拝殿です。この奥に内拝殿、本殿があります。ここから本殿を覗くことはできませんでした。写真の通り粒度の整った砕石(砂利)が敷地を綺麗に、豪華に見せてくれます。
もん
神門。令和を祝っています。旗が裏返っていてすみません。風の影響で、どうしてもうまく撮影できませんでした。
神門
もう一つの神門。2018年の台風で破損してしまったため職人さんが再建していました。木材一つ一つみてみると綺麗に罫書き線が書き込まれており、それを元に組み立てていました。職人さん達の魂を感じることができました。
お祓い
車のお祓い場所。まさか、車のお祓いができるとは。
喫茶店
喫茶店です。閉店していました。敷地内にあるユーカリの木に肖ってのネーミングでしょうか。
芭蕉
まさかの松尾芭蕉さん。ここも訪れたのでしょうか。「月清し遊行のもてる砂の上」。
右
芭蕉さんの右足元に何か書いてあります。
文字
私の知識不足のため読めないです。

 

芭蕉の句
芭蕉の句が5句刻まれています。詳しくはこちら。
石碑の裏
石碑の裏には祠が隠れていました。
いけ
池には鯉が1匹確認できました。1匹だけということはないと思って、よくよく探しましたが1匹だけしか確認できませんでした。皆さんはどうでしたか?
蛇口
池のそばにあった蛇口です。複雑な形をしていました。珍しいです。
ura
大鳥居の裏から撮影しました。裏からの写真はなかなかお目にかかれないと思います。周りの木々と鳥居の景色が「千と千尋と神隠し」の序盤ににていると感じました。

 

ジオラマ
赤レンガ倉庫のジオラマです。氣比神宮があります!ここも必見。



おわりに

今回は敦賀の氣比神宮についてご紹介しました。なかなか趣のある場所です。

見学時間は20分くらいでしょうか。トイレもあるので安心してください。

感想やその他おすすめ観光地などコメントやtwitterにてお待ちしています。

お目通しありがとうございます。

【福井:敦賀】赤レンガ倉庫の3つの魅力・感想。歴史を感じる鉄道模型?お得に見学するには?【観光:おすすめ】

観光カテゴリの最新記事